レプティ Times

爬虫類飼い方図鑑エボシカメレオン

2019/12/16 2021/01/22
エボシカメレオン
エボシカメレオン

エボシカメレオンとは

エボシカメレオンは頭部の突起(カスク)が大きな特徴で、この突起が烏帽子のように見えることが名前の由来となっています。
野生ではアラビア半島南西部の高地の森林地帯に生息しているカメレオンです。

エボシカメレオンはカメレオンの中では比較的メジャー種で、簡単に飼えると説明されることも多いです。
しかし、カメレオン飼育自体の難易度が高めなので、爬虫類飼育自体が初めてという方にはやはり難しいと思います。
特に飼育環境の維持に苦労すると思うので、これを楽しいと思える人には向いているかもしれません。

体色の変化

カメレオンは体色の変化を楽しむのも醍醐味です。
一般的にはカメレオンは周囲の環境に合わせて体色を変えると思われてますが、実はカメレオンの体色の変化は擬態のためではないと考えられています。
カメレオンの体色はもともと緑っぽい色合いをしているので、森に隠れるのであれば色を変える必要はありません。

カメレオンは威嚇や興奮など、感情によって体色を変えることが多いです。
また、寒い時は体色を黒っぽくして熱吸収効率を高めるなど、周囲の温度によって変化することもあります。
ある程度飼育に慣れてくると、体色を見ればカメレオンの気分や体調をチェックすることができるようになるため、非常に便利です。

カメレオンの体色
明るい色 暑い
暗い色 寒い・体調不良
黒い斑点 警戒・ストレス
褐色の模様が入る 婚姻色
黄色・青などの派手な模様 興奮

大きさ

ショップで販売されている個体は15cm程度のヤングサイズが多いですが、オスは50~60cm、メスは40~45cmくらいまで成長します
この程度の大きさなら大丈夫だろうと購入すると、思ったよりも大きく成長し手に余る可能性があるので注意してください。

エボシカメレオンはベビーサイズでも雌雄の判別が比較的簡単です。
ゆとりを持って飼育したいのであれば、メスの方が良いかもしれません。

雌雄判別
オス メス
カスクが大きく、長い。 カスクは小さめ。
後足のかかと付近に突起がある。 後足に突起がない。
総排泄孔付近が膨らんでいる。 総排泄孔付近に膨らみがなく、尻尾の付け根が細め。

寿命

飼育下での寿命は5年程度と言われています。
他の爬虫類・両生類に比べると短命な印象ですが、それでもカメレオンの中では長寿な部類です。

カメレオンは非常にデリケートで臆病な性格のため、なるべくストレスをかけないように注意しましょう。
しょっちゅう写真を撮ったりハンドリングしたりと構いたい人にはおすすめできません。
しかし、放置しすぎて温度・湿度管理も不十分なようならそれも成体へのストレスとなるため、ズボラな人との相性もあまり良くないです。

値段と購入方法

ベビーサイズは8,000~1万円、アダルトサイズは2~4万円程で販売されています。

エボシカメレオンを取り扱っているショップは意外と少ないです。
爬虫類専門店であっても常に販売されているとは限らないので、入荷されていればラッキーと思いましょう。
店頭で取り扱いがない場合でも、入荷予定の有無や入荷時期などを聞いておけば、入荷してすぐに購入することができます。

ベビーの方が安価で余命も長いですが、アダルトよりもさらにデリケートなため、より慎重に飼育する必要があります。
そのため、はじめてエボシカメレオンを飼育するのであればアダルトサイズの方がおすすめです

関連コンテンツ