レプティ Times レプティ Times

爬虫類飼い方図鑑クレステッドゲッコー

2020/01/15 2020/06/12
クレステッドゲッコー
クレステッドゲッコー

クレステッドゲッコー(オウカンミカドヤモリ)とは

クレステッドゲッコーは目の上から背中に続くトゲ状の鱗が特徴的なヤモリです。
冠を被っているようにも見えることから和名では「オウカンミカドヤモリ」という名前が付けられています。
「人工飼料のみで飼育できる」「鳴かない」「ハンドリング可能」と魅力満載で、レオパと並んで人気のペットヤモリの1種となっています。

ニューカレドニアの固有種で、輸入規制されているため野生の個体が出回ることはありません。
ペット用として流通しているのはすべて人工繁殖された個体です。

クレステッドゲッコーの種類

体色による分類

バックスキン

薄茶~ベージュっぽい色合いです。

クリーム

バックスキンと間違えやすいですが、クリームの方が色が薄く白っぽくなります。

オリーブ

うっすらと緑がかったような落ち着いた色合いです。

レッド

赤みの強いモルフです。

オレンジ

レッドよりも黄みがある濃いオレンジ色をしています。

イエロー

赤みが少ない明るい色合いのモルフです。

模様による分類

パターンレス

柄の無い単色のモルフです。

ダルメシアン

ほくろのような小さいぶち模様が入ります。

ファイア

背中にメラメラとして炎のような模様が入ります。
前脚・後足には模様が入りません。

ハーレクイン

ファイアの柄が体側面や前脚・後足にも入る物はハーレクインと呼び区別します。

ピンストライプ

背中のトゲに沿ってラインが入ります。

タイガー

背中にトラのような縞状の模様が入ります。

クレステッドゲッコーは体色のバリエーションが豊富です。
代表的なものを上に挙げましたが、この他にも珍しい品種のクレステッドゲッコーが販売されていることもあります。

模様は1種類だけでなく、複数の特徴が1度に表れる場合もあります。
実際に私の家で飼育しているクレステッドゲッコーはピンストライプ・ハーレクインとして販売されていましたが、部分的にホクロのようなぶち模様も現れています。

色・柄が違うとかなり印象が異なるため、ぜひお気に入りの1匹を見つけてペットとして迎えてあげてください。

大きさ

アダルトサイズで頭から尻尾の先までで20cm前後です。
体の3~4割ほどは尻尾なので、実物は一回りほど小さく感じます。

寿命

クレステッドゲッコーの寿命は5年とも7年とも言われていますが、きちんとした飼育下では10~15年ほど生きるのではないかと考えられます。
いかに健康状態を保ち病気にかからないようにするかにかかっています。

値段と購入方法

1万円くらいから、高くても3万円くらいまでが相場です。
クレステッドゲッコーであまりにも高価な個体はあまりみかけませんが、やはり色や模様が綺麗に発現している個体ほど高くなる傾向があります。

メジャー種のため入手経路は比較的確保されている方です。
爬虫類を取り扱っているペットショップや即売会などで購入することができます。