レプティ Times レプティ Times

両生類飼い方図鑑ツノガエル

2019/11/25 2020/06/12
ツノガエル
ツノガエル

ツノガエルとは

ツノガエルは初心者でも飼育しやすいペットフロッグの代表格です。
ある意味カエルらしくない、丸みを帯びた体型が特徴です。
パクパクとエサによく食いつくことから別名パックマンフロッグと呼ばれることもあります。

野生のツノガエルはブラジルやアルゼンチンなどの南米大陸に生息していますが、日本でペットとして流通しているツノガエルのほとんどは日本国内で人工繁殖された個体です

ツノガエルの種類

ベルツノガエル

大きさ:10~12cm

緑・茶・赤混ざった迷彩っぽい柄。
体色に赤色が入るのはベルツノガエルのみです。

クランウェルツノガエル

大きさ:7cm~12cm

イエロー・アプリコット・ペパーミントなど、カラーバリエーションが豊富です。

アマゾンツノガエル

大きさ:7cm~15cm

目が特徴的なツノガエル。何とも言えない表情。

ブラジルツノガエル

大きさ:20cm前後

最も大きく育つツノガエル。

ホオコケツノガエル

大きさ:7cm前後

小さめで目の上のツノがほとんどない。

チャコガエル

大きさ:5~7cm

大きさ:ホオコケよりさらに小型。

ツノガエル=ベルツノと認識している人も多いですが、ベルツノガエルはツノガエルのほんの1種類に過ぎません。
ベルツノガエルと体型はほぼ同じで、カラフルな色合いのツノガエルはクランウェルツノガエルです。

ベルツノガエル・クランウェルツノガエルはツノガエルの中ではメジャー種のため、ペットショップなどでも入手しやすくなっています。

他にも目に特徴のあるアマゾンツノガエルや大きく成長するブラジルツノガエル、小型のホオコケツノガエルやチャコガエルなどもツノガエルの仲間です。
この辺りはややマイナーな種になるため、専門店やネット通販で購入する必要があります。
また、飼育難易度もベルツノガエル・クランウェルツノガエルに比べると高くなります。

生体のサイズは基本的にはメスの方が大きくなります。
ベルツノガエルの場合、オスが10cm、メスが12cm前後と言われていますが、メスなら育て方次第で15cm以上になることも珍しくありません。

寿命

ツノガエルはうまく飼えば10年以上生きると言われています。

長生きさせるコツとしては、あまりかまい過ぎてストレスを与えないようにすることと、エサを与えすぎないことです。
エサを与え過ぎたことにより消化器官に負担がかかったり、未消化のエサが体内で腐敗することで体調不良に陥り弱ってしまうことが多いと言われています。

値段と購入方法

値段のイメージ
オタマジャクシ 2,500~3,000円
ノーマル・アルビノ 3,000~4,000円
フルレッド・パターンレスなど 5,000~20,000円
変異個体 50,000~…円

オーソドックスなベルツノガエルやクランウェルツノガエルであればで3,000円程度から販売されています。
ただし、色や柄が珍しいものほど価格も高くなります。

ライムグリーン・アプリコットなどのいわゆるアルビノツノガエルも出始めは高価でしたが、最近では安定して繁殖できるようになったためノーマル個体と大差ない価格となっています。

ツノガエルはペットショップや即売会などで購入できるほか、ネット通販などで購入することもできます