レプティ Times レプティ Times

爬虫類飼い方図鑑ヒョウモントカゲモドキ

2019/12/17 2021/01/29
ヒョウモントカゲモドキ
ヒョウモントカゲモドキ

ヒョウモントカゲモドキ(レオパードゲッコー)とは

ヒョウモントカゲモドキは最近人気が急上昇している爬虫類ペットです。
愛好家の間では英名のレオパードゲッコーを縮めて、レオパという愛称で呼ばれることが多いです。
かわいらしい見た目やモルフの豊富さ、さらにはハンドリングも可能と、いままで爬虫類に興味のなかった人でも思わず飼いたくなるような魅力にあふれています。

「トカゲモドキ」という名前が付いていますが、実際にはヤモリの仲間です
しかし、ヤモリのように壁や天井に貼り付くことができない、瞼があるなど、一見するとトカゲに近い特徴を持っています。

ヒョウモントカゲモドキの種類

ヒョウモントカゲモドキは人工交配・繁殖が簡単です。
そのおかげもあり、爬虫類の中でも屈指のカラーバリエーション(モルフ)の多さを誇ります。
現在でも次々と新しいモルフの作出が進んでいます。

見た目だけでは判別の難しいモルフも多いですが、繁殖目的でないのであれば細かく覚える必要はありません
実物を見て好みの個体を選ぶのが1番です。
逆に、繁殖を目的とする場合には、親となる個体のモルフをきちんと把握しておく必要があります。

ヒョウモントカゲモドキのモルフについては、こちらの本が詳しいです。
繁殖を考えている人は購入しておいて損はないと思います。

体色による分類

ハイイエロー

レオパの基本となる体色で、もっともレオパらしさを感じるモルフです。
黄色っぽい体色に茶~黒のぶち模様が入ります。

ハイポ

体色はハイイエローに近いですが、ぶち模様が少な目のモルフです。

タンジェリン

赤みが強くオレンジ系の体色になります。
ぶち模様の少ないハイポタンジェリンが多いです。

メラニスティック

ハイポとは逆に黒色素が多く、全体的に黒い色合いとなります。
模様が見えないほど真っ黒くなる個体もいます。

アルビノ系

黒色素をもたいないためクリーム系の淡い色合いとなります。
目は赤色です。

マックスノー

白っぽい体色に黒いぶち模様が入るモルフです。
マックスノー同氏の交配で生まれる、特に白色の強い個体はスーパーマックスノーと呼ばれます。

ブリザード

体に斑点がなく、白~ベージュ・グレーのような薄い単色になります。
アルビノではないため目は黒いです。

模様による分類

ストライプ

ぶち模様が整列し繋がることで、頭~尻尾方向に2本のバンドのような模様が出ているモルフです。

リバースストライプ

ストライプ模様が背中の中心に入るモルフです。

ジャングル

体全体の模様が不規則に入るものをジャングルと呼びます。

アベラント

ジャングルと同様に胴体に不規則な模様が入りますが、アベラントの場合は尻尾の柄は不規則ではなくバンド模様になります。

キャロットテール

尻尾にオレンジ色が入ります。

目のモルフ

ノーマルアイ

グレーのベースに黒い縦長の瞳が特徴的です。
もっとも爬虫類らしさのある目だと思います。

アルビノアイ

黒色素がないため、ベースは白っぽくなります。
瞳は暗く見えますが、よく見ると赤色をしています。

フルアイ(ソリッドアイ)

目全体が黒く、瞳孔が目立たないためかわいらしい印象の目です。
スネークアイと遺伝子的には同じで、両方まとめてエクリプスアイと呼ばれることもあります。

ハーフアイ(スネークアイ)

目の前半分が黒く、後ろ半分がノーマルになります。
キョロっとしたコミカルな印象の目です。
スネークアイと呼ばれることもありますが、あまりヘビっぽさは感じません。

ルビーアイ(レッドアイ)

目全体が赤くなります。
フルアイ+アルビノアイです。

マーブルアイ

白目部分と黒目部分がランダムに混ざったような目です。
マーブルというよりも金箔や金粉を散らしたような見た目をしています。

大きさ

ヒョウモントカゲモドキは最大でも20~25cmくらいです。
フルアダルトでも手のひらサイズに収まるため、大きくなりすぎて困るということはほとんどありません。

寿命

ヒョウモントカゲモドキの寿命は飼育下では10~25年くらいだと言われています。
しかし、中には30年近く生きた個体もいるとのことなので、飼育環境次第ではかなり長く一緒にいられそうです。

飼育難易度はそれほど高くありませんが、飼育が長期化することも念頭に入れた上でお迎えするようにしましょう。

値段と購入方法

ヒョウモントカゲモドキは人気の高い爬虫類のため、爬虫類専門ではない総合ペットショップなどでも目にする機会が増えてきました。
人工繁殖個体のため価格も安定しており、よっぽど珍しいモルフでない限りは5,000~1万円前後で購入できます。

残念ながら爬虫類のネット販売は禁止されているため、ヒョウモントカゲモドキを通販で購入することはできません。
ただし、店頭で購入した生体を自宅に配送してもらうことは可能です。
近所にヒョウモントカゲモドキを取り扱っているショップがないという人は、隣県の専門店で購入し、後日届けてもらうようにすると良いでしょう。

また、ヒョウモントカゲモドキは即売会などでも購入することができます。
開催場所や時期が限られていますが、珍しい個体を探している人は参加してみても良いかもしれません。

関連コンテンツ