レプティ Times レプティ Times

両生類飼い方図鑑アカハライモリ

2020/02/27 2020/06/12
アカハライモリ
アカハライモリ

アカハライモリ

アカハライモリは日本の固有種で、野生では北海道・離島以外の、水のきれいな水田や湿地などに住んでいます。
日本のイモリということで、ニホンヤモリと呼ばれることもあります。

アカハライモリはその名の通り、腹側に赤い模様があるのが大きな特徴です。
非常におとなしく、低温にも耐える丈夫な身体をしているため、初心者でも飼育しやすい両生類となっています。

アカハライモリの体色

体全体が黒っぽく、お腹側に赤い模様が入っているのが基本です。
最近では人工交配も進んでおり、背中にも赤色が発現しているものや、全体的にやや青みがかったものなどさまざまなカラーバリエーションの個体が誕生しています。

大きさ

アカハライモリの全長は最大でも10cm前後で、大きく育つメスでも15cmを超えることは滅多にありません。
同じイモリ科であるシリケンイモリやイボイモリよりも一回り小さめです。

寿命

アカハライモリの寿命は非常に長く、10~20年ほどはあると言われています。
中には20年以上生きたという記録や報告も上がっているほどです。

しかし、水質汚染や過食などにより早々に命を落としてしまう個体も少なくありません。

値段と購入方法

「アカハライモリは野生個体を捕まえてくればいい」という人もいますが、個人的にはあまりおすすめできません。
そもそも生息地が非常に限られているため、誰でも簡単に捕まえられるというわけではありません。

また、アカハライモリは準絶滅危惧種に指定されているため、野生個体の条例で捕獲を規制している地域もあります
そうでなくても、野生生物の生息地を踏み荒らしたり個体数の減少に繋がるような行為はなるべく控えるべきです。

アカハライモリはペットショップやネット通販で数百円程度から購入することが可能です。
他のペットと比べてもかなり安価な部類ですし、繁殖個体であれば寄生虫などの心配も少なく安心して飼育することができます。